*

米国の販売会社が独自ブランドのオープンリールテープを発表

公開日: : オープンリールテープ, 情報

仏・Recording The Masters(旧PYRAL)と米・ATRから相次いでオープンリールテープの新製品が発売される中、米国のオープンリールテープ関連製品販売メーカー SPLICIT Reel Audio Product が、オリジナルブランドのオープンリールテープを発表しました。Webサイトを一新し、トップページでこの新製品を告知しています

SPLICIT Reel Audio Product のHP

『CAPTURE』と名付けられた新テープはSeries 914と930の2種類で、914は100番、930が150番になります。いずれも1/4インチ幅のPancakeと10号メタルリールの設定です

CAPTURE Series の紹介ページ

5月16日のリリースを見ると、SPLICIT Reel Audio Product が独自発注した製品のようで、914と930は同じ磁性材料を使用しており両者の違いはテープの厚みだけとのこと。特性は保磁力が360 Oe、残留磁束密度は130mT(1300 Gauss)というだけでは分かりませんが、どこかのOEMなんでしょうか

CAPTURE Series のリリースとスペックシート

こちらのTapeheads.Netのフォーラムでは、6月1日からまずPancakeを出荷予定、価格は未定などの情報が飛び交っています

Tapeheads.Netのフォーラム

今日現在、まだカートに入れることができないですが、どの程度のクラスの製品なのでしょうか。発売の暁にはぜひ試してみたいと思います!

関連記事

残念なお知らせ SM468生産終了

ちょっと遅くなりましたが、2021年いっぱいでRECORDING THE MASTERS の「SM

記事を読む

商品価格改定のお知らせ

いつも彩竜堂をご利用いただき誠にありがとうございます この度、RECORDING THE MA

記事を読む

LPR35の7号、SM468取り扱い始めました

LPR35の7号リールと、アーカイバル仕様のスタジオマスタリングテープSM468・10号メタルリール

記事を読む

レコーディング・ザ・マスターズが本格始動 その2

今月初め、HPで製品カタログやデータシートをアップし、本格的に製品展開を始めたレコーディング・ザ・マ

記事を読む

Amazonでの出品を再開しました2021

2018年7月で終了していたAmazonでのオープンリールテープの販売ですが、今月からあらためて販

記事を読む

ホルヒハウス社の新開発オープンリールデッキ

1月にご紹介させていただいた、ホルヒハウス社(HORCH HOUSE Gmbh)の新たなオープンリー

記事を読む

新ブランドを積極展開するMULANN、そしてまさかの新製品も!

4月4日に、オープンリールテープの新ブランド立ち上げを公式にリリースしたMULANN。テープの製造は

記事を読む

ミュンヘンハイエンド2019情報

今年も5月9日~12日まで開催される世界最大級のハイエンドオーディオの展示会『ミュンヘン・ハイエンド

記事を読む

新たなオープンリールデッキの開発計画が登場

新年早々うれしいニュースが入ってきました。オーストリアの音楽関連メーカー・ホルヒハウス社(HORCH

記事を読む

PYRALオープンリールテープの現状と今後 2015

現在も貴重なオープンリールテープを製造し続けてくれているPYRAL。 フランスの小さな会社なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


BALLFINGERの現在

オープンリールデッキの製造メーカーとして現在世界で唯一の存在である、

残念なお知らせ SM468生産終了

ちょっと遅くなりましたが、2021年いっぱいでRECORDING T

スイッチクラフト3502の結線

マニアに意外と人気のSwitchcraftの古いタイプのRCAコネク

Amazonでの出品を再開しました2021

2018年7月で終了していたAmazonでのオープンリールテープの販

8402
BELDEN 8402 の切り売り始めました

先にRCAコネクターのオーディオケーブルとして発売した、BELDEN

→もっと見る

PAGE TOP ↑