HOMEテープのご案内
規格表
メーカー
グレード比較表
テープ名鑑
保管とメンテナンス
用語集
年表
参考文献
Blog


オー プンリールテープ製造メーカーリスト
Manufacturer List
  Ver.2.0


ここではオープンリールテープを製造している(いた)メーカー/ブランドを取り上げています。OEMで販売していたブランドは含んでいません

2019.2 東欧やソ連、アメリカの過去に製造していたメーカーを下段に追加しました



現在もオープンリールテープを製造・販売しているメーカー

メーカー/ブランド

DATA
RECORDING THE MASTERS
SM900
RECORDING THE MASTERS
(レコーディング・ザ・マスターズ)

MULANN
(ミュラン)

フランスのクレジットカードの生産と検査機器などのメーカーであるMULANN社が、PYRALを傘下に収め2016年4月に立ち上げたオープンリールテープの新ブランド。製造はPYRALの工場で継続されている。
CEO自らオープンリールテープがニッチ中のニッチな存在であることを認識しながらも、アナログ磁気テープによる新たなレコーディングの分野を開発しようと積極的な商品開発とWeb展開を進めている。
製造期間:2016年〜
製造工場;フランス・ノルマンジー州 アブランシュ

ATR Magnetics
(エーティーアール・マグネティックス)

AMPEX のプロ用テープレコーダーの修理・改良サービスで知られるATR Services (エーティーアール・サービス)の創業者であり、優れたレコーディングエンジニアでもあるマイケル・D・スピッツ(Michael D. Spitz)氏が立ち上げた、現在アメリカ唯一のオープンリールテープ製造メーカー。
2005年から磁気テープの開発に着手し、QUANTEGY亡き後も世界の音楽産業の中心地たるアメリカで、貴重な『Made in USA』テープを供給し続けている。
製造期間:2007年〜
製造工場:ペンシルベニア州 ヨーク



過去に製造していたメーカー(RTMにつながるヨーロッパのメーカー)

メーカー/ブランド

DATA
LP35
BASF
(ビーエーエスエフ、バスフ)

1865 年に創業したドイツの総合化学メーカー。1925年に当時ドイツの化学工業の中心的存在だった染料企業6社の合同でI.G.ファルベンを設立。1935年に 世界初のプラスチックベースを使い磁性体を塗布した磁気録音テープ『マグネトフォン・バンド(Magnetphon Band)』を開発し、現在のオープンリールテープの基礎を作った磁気録音テープのパイオニア。
第二次大戦の敗戦によって磁気テープに関する技術はアメリカにすべて持って行かれたが、その後も常に技術開発のリーダーで有り続けた。世界初のダブルプレイテープや、世界初のローノイズ・ハイアウトプットテープ『PES35LH』を生み出し、1962年にはフィリップスとの共同でコンパクトカセットも完成させている。
1967年にはヴィルスタットに当時世界最大の磁気テープ工場を建設、材料投入から梱包までほとんどテープが人の手に触れることない自動化された最新鋭の工場で、埃の混入の無い高品質なテープを製造できた。
1990年にAGFAの磁気テープ製造部門を吸収合併、1991年にはBASF Magbetics社として磁気テープ製造部門が独立するも、世界的な市場規模の縮小から1997年に韓国系企業KOHAPに買収されその歴史に幕。
製造期間:1935年(I.G.ファルベン)〜1948年(BASF)〜1996年
製造工場:ドイツ・ルートヴィヒスハーフェン/ヴィルスタット
AGFA
AGFA
(アグファ)

ド イツの化学者で作曲家メンデルスゾーンの次男パウル・メンデルスゾーンとカール・アレクサンダー・マテウスが1867年にベルリン近郊で創業した化学薬品 メーカー。後に社名の『アニリン製造株式会社』(Aktien-Gesellschaft für Anilin-Fabrikation)の頭文字をとってAGFAと改称。磁気テープよりもKODAK、FUJIFILMとならぶ世界三大フィルムメー カーとして有名だった。I.G. ファルベンを構成していた第二次大戦中の1944年に磁気テープ製造を開始。1964年にベルギーのゲバルト社と合併し、アグファ・ゲバルト社となる。
1970年ころまでのAGFAテープの特徴は、ベース材が特に強いとされ、 引っ張り強度のテストでは抜群の強さを示していた。
標準のポリエステルベースの上にダブルストレッチ加工という独自技術を施したもので、長期保存にも十分耐えるとされた。
1990年に磁気テープ製造部門はBASFに売却。(フィルム部門とし て独立したAGFA- Photoは2004年に倒産。)

製造期間:1944年(I.G.ファルベン)〜1948年(AGFA)〜1990年
製造工場:ドイツ・ミュンヘン
EMTEC EMTEC
(エムテック)

磁気テープに使用する基材フィルムの専門知識を持つ韓国系企業KOHAPが1997年にBASF Magneticsを買収して社名変更した会社。
豊富な商品ラインナップを継続して展開したが、2002年のア ジア金融危機でKOHAPの業績が悪化し、さらにBASFが公害問題の誤解を受けたことで磁性材料である二酸化クロムの生産を止めたことから、収益の柱で あったコンピュータデータ記録用のオープンリールテープの製造が出来なくなり、やむなく磁気テープ部門の売却となった。
製造期間:1997年〜2003年
製造工場:ドイツ・ヴィルスタット/ミュンヘン
RMG RMG
(アールエムジー)

オ ランダ・フィリップス社の磁気テープ製造部門が独立して1968年にできたメーカー。 2004年にEMTECから磁気テープ製造ノウハウと製造機器を買収し、歴史あるBASFとAGFAのテープを継承。その後2012年に製造設備や機材を PYRALに移転完了し、工場は閉鎖。
製造期間:1968年〜2004年〜2012年
製造工場:オランダ・オーステルハウト
PYRAL PYRAL
(ピラル)

フランスの産業用磁気メディアメー カーで、映画用のマグネティックフィルムや磁気カードの製造がメイン。1991年にBASF Magnetics に買収されて以降、EMTEC時代にはその一生産部門だったが2004年に独立。2012年にRMGから磁気テープ製造設備と販売網を獲得し、歴史ある BASF/AGFAの磁気テープを継承した。その後フランスのMULANNに買収され、現在はその傘下でオープンリールテープの製造を行っていて、PYRALブランドのテープは販売終了。
製造期間:2012年〜2016年〜
製造工場:フランス・ノルマンジー州 アブランシュ


過去に製造していたメーカー(アメリカのメジャーなメーカー)

メーカー/ブランド

DATA
3M
3M
(スリーエム)
Scotch

1902年にミネソタ州で創業したスコッチテープでお馴染みの世界的な化学・電気材料メーカー。
1947年に初の米国製オープンリールテープを開発し、その後も♯111、150、202、206などスタンダードとなる製品を次々と供給して、磁気録音テープのリーディングカンパニーとして長く君臨したテープ界の巨人。
1954年に25μ厚のアセテートベースを使った世界初の150番のロングプレイテープ『♯190 EXTRA PLAY』を発売。
技術的な優位にもかかわらず、80年代以降は日本メーカーの積極的な投資に対抗しきれず磁気テープ部門は赤字に苦しむ。
1996年に磁気テープ製造部門が独立しその後QUANTEGYに合流。ちなみにコンパクトカセットのメタルテープを最初に商品化したのが3M。
製造期間:1947年〜1996年
製造工場:ミネソタ州・
AMPEX
AMPEX
(アンペックス)

米国で初めてスタジオ用オープンリールデッキを開発し、1950〜70年代のアメリカの放送・レコーディング産業を支えたテープレコーダー界のリーディングカンパニー。
自社のプロフェッショナル用テープレコーダーに対応する高性能なテープを得ることを目的として、1957年にアラバマ州オペライカの磁気テープ製造メーカー 『ORRadio Industries, Inc.』の株式を取得して経営に参画。ORRは戦後にドイツのBASF工場を視察したことがきっかけで、3Mに次いで1950年から『irish tape』のブランドで一般ユーザー向けのオープンリールテープを製造していたメーカー。
1959年末に買収を完了し、社名を「AMPEX Magnetic Tape Company」として磁気テープ製造を本格的に開始した。
長きにわたって米国で3Mとならぶ2大テープメーカーとして君臨するも、1995年に磁気テープ製造部門が独立しQUANTEGYに引き継がれる。
製造期間:1957年〜1959年〜1995年
製造工場:アラバマ州・オペライカ
QUANTEGY
QUANTEGY
(クァンテジー)

AMPEXの磁気テープ製造部門が独立しそこに3Mが合流した、米国の2大磁気テープメーカーの後継者的メーカー。AMPEXから引き継いだ456はプロのレコーディング現場での主力テープとして長く使用された。
オープンデッキが主流ではなくなった時期のレコーディング業界で、貴重な高性能テープを供給し続けたが、世界的な市場の縮小にはかなわず2007年に生産終了。 たまに再生産の噂が流れるも、すでに製造機器は処分しているので、復活の可能性は限りなくゼロに近いとの見方。
製造期間:1995年〜2007年
製造工場:アラバマ州・オペライカ

MEMOREX
(メモレックス)

1961年創業のアメリカのコンピューター・データ用磁気テープを主に製造していた会社で、3Mはオーディオテープ界の最大のライバルとみていた。日本では1972年にパイオニアと提携し、ハイクラスの音楽用オープンリールテープを販売。
カセットテープではクロームテープ用磁性体を開発したデュポンから他社に先駆けて 製造許可を取得し製品化して、米国のオーディオマニアに提供。エラ・フィッツジェラルドのテープの声が高音に達して、ガラスを粉々にするというコマーシャルで製品の優位性をアピールした。(Youtube1Youtube2
製造期間:1971年〜1982年
製造工場:カリフォルニア州・サンタクララ


過去に製造していたメーカー(日本)

メーカー/ブランド

DATA
SONY
SONY
(ソニー)

ドイツ、 アメリカに続いて1950年にオープンリールデッキとテープを独自開発した日本のテープレコーダー界のパイオニア。
1949年に安立電気から譲渡された交流バイアス法の特許、通称『永井特許』を生かして高音質のテープレコーダーを次々と送り出すことができたことで、特許が切れる1960年までの間に日本のテープレコーダーのトップメーカーとしての地位を不動の物とした。
その後のオランダ・フィリップス社とのコンパクトカセットテー プやCDの共同開発、ポータブルオーディオという新ジャンルを開拓したウォークマンの開発、世界の録音スタジオを席巻したデジタル・マルチトラック・レ コーダーなど、21世紀初頭に至るまでオーディオの世界で一時代を築いた、誰もが知る世界のトップブランド
製造期間:1950年3月〜2001年4月
製造工場:
macell maxell
(マクセル)

1961年2月に日東電気工業から磁気テープ部門が独立し、マクセル電気工業として独立。その後1964年に日立の子会社・日立マクセルとして事業を展開。
磁気テープメーカーとしては後発だが、1966年に国産初のカセットテープを商品化後、UDやXL1などで70年代から80年代にかけて音楽ファンの絶大な支持を得た日本の磁気録音テープの雄。
2002年に多くのテープファンに惜しまれながらも、最後の国産オープンリールテープの製造に終止符
製造期間:1961年2月〜2002年
製造工場:

日東電気工業
(※マクセル)

1918年に電気絶縁 材料メーカーとして創業。1958年にマクセル研究部を立ち上げ磁気テープ開発に着手し、1960年に初のオープンリールテープ「マクセル録音テープ」の量産を開始。1961年にマクセル研究 部をマクセル電気工業株式会社として分社した。日東電工としての製造期間はわずか1年ほどだがパッケージには当初から『MAXELL』のブランド名が使わ れている
製造期間:1960年〜1961年
製造工場:大坂・茨木市千里丘工場
TDK
TDK
(ティーディーケー)

1935年に日本で開発された磁性材フェライトの世界初の工業化を目的として、齊藤憲三氏が創業した世界有数の磁気材料メーカー。
SONYに次いで1951年に磁気録音テープの研究を開始し、1953年にアセテートベースのテープを完成させ、この年『シンクロテープ』の製品名で発売。
 1956年からは積極的なOEM展開を図り、日本コロムビア、松下電器、日立、三菱、東芝、シャープ、赤井、ビクターなどに供給した。
カセットテープでは世界初の音楽録音用テープSD発売後、SAはじめ、ADやMA-Rなど多くのデッキメーカーの基準テープとなる“名テープ”を送り出した。
2007年に記録メディア販売事業を3Mから分離独立した米国の記録メディア製造・販売メーカー・イメーションに譲渡し、2013年に磁気テープ製造から完全に撤退。
製造期間:1953年10月〜??
製造工場:
FUJIfilm
FUJIFILM
(富士写真フィルム)

KODAK、 AGFAと並ぶ世界三大フィルムメーカーの一つで、ほとんど外部の技術導入無しに磁気テープの製品化を達成。写真フィルム製造技術を生かしてベース材から 磁性材まで完全一貫生産できる日本唯一のメーカー。
1954年から磁気記録材料の研究を開始し、最初の磁気記録製品は1958年に発売した8mmフィルムのマグネオストライプ。その年に小田原工場にパイ ロットプラントを建設し研究・開発を加速させ、1960年にオープンリールテープ、1963年には放送用ビデオテープも完成しNHKに正式納入、カセット テープは他社に少し遅れて1968年発売。
どちらかというと放送用オープンリールテープやビデオテープ、またカセットテープ(AXIAなど)に力を入れていた印象で、 一般向けのオープンリールの商品ラインナップ自体は少ない方。

製造期間:1960年11月〜??
製造工場:神奈川・小田原市

住友スリーエム
(Scotch)

1961年に住友電気工業とNEC(日本電気)との合弁で作られた米3Mの日本現地法人。1963年から神奈川県の相模原工場で国産Scotch♯111の製 造を開始し、1966年8月には同社が取り扱うほぼ100%の磁気テープが国内生産となった。また米3M製品のライセンス生産ばかりでなく、NHKや民放 と共同で放送用低雑音テープ『JMT-3100』を、またプロ用マスタリングテープ206をベースとした一般向け音楽録音用の『218』を開発・製造するなど、独自の製品開発も行った。
2003年にはNEC、2014年には住友電工との合弁を解消し、現在の3Mの日本法人はスリーエムジャパンだが磁気テープ関連製品は全く取り扱い無し。
製造期間:1963年〜??
製造工場:神奈川・相模原工場

東北金属工業
(※NEC)

1938年に通信機用材料の国産化を目指して設立された国策会社。
株主のNEC(日本電気)との協定で1950年から磁気テープの研究を開始し、1952年に原材料含め独自の製品を作り上げた。当初の商品名は『Talkie Ribbon』、のちに『NEC TAPE』。
1960年には民間放送へのテープの供給も始まり事業がようや く軌道に乗りかけていたところで、株主であるNECと住友グループで3Mとの合弁会社設立の運びとなり、 通産省の行政指導と関連会社同士の競合を避けるため磁気テープ製造から無念の撤退となった。製造設備はすべて住友スリーエムに移管され、関係技術者も出向 している。
日本のテープレコーダー草創期のわずか10年間だけ製造されたテープなので、幻というほどではないが大変に珍しいテープ
製造期間:1952年〜1961年
製造工場:

日本コロムビア
DENON
(デンオン)

1910 年(明治43年)に日本初のレコード会社として創業した老舗メーカーである日本コロムビアが、その系列会社の東京・三鷹市にある日本電気音響株式会社 (DENON) で磁気テープの開発に着手。1958年から日本コロムビアの川崎工場内でオープンリールテープの製造を開始し、家庭用はコロムビア、業務用はデンオンのブ ランドで販売された。1963年にDENONを吸収合併。
需要の拡大に伴い、1968年に真岡市にある日本コロムビア機器株式会社に工場を新設し、のちに日本コロムビア内にあった磁気テープ研究部門も吸収され、真岡市には磁気記録の研究開発から製造までの一貫した体制が整えられた。
あまり知られていないが、SONYやTDKに続いて早くから独自に磁気テープの製造を手がけてきたメーカーだが、70年代の雑誌などではコロンビアブランドのテープの評価は今ひとつ。

製造期間:1958年〜??
製造工場:栃木・真岡市


過去に製造していたメーカー(ヨーロッパのその他のメーカー)

メーカー/ブランド

DATA

Genoton
(ゲノトーン)

1945年3月に米軍の占領下に入ったBASFのゲンドルフ工場が戦後に製造したテープで、形としてはBASFから枝分かれしたメーカー。
ゲンドルフでは1944年からBASFの「Typ L」テープが製造されていて、ドイツ敗戦後も責任者のDr.フレデリック・マティアスの指導で、テープの生産が中断することなく続けられた。マティアスは1932年にAEGとBASFがオープンリールテープ・レコーダーと録音テープの共同 開発を始めたときのBASF側の担当責任者。
その後、米国が接収した地域の工場から製造設備がゲンドルフ工場に集められ1950年からGenotonブランドでテープ製造が開始されたが、1956年にマティアスが亡くなるとともに製造も終了した。

製造期間:1944年〜1950年(Genotonブランド)〜1956年
製造工場:西ドイツ・ゲンドルフ
ORWO
ORWO
(オルウォ)

AGFA WOLFEN
(アグファ・ヴォルフェン)

1944年からBASFの「Typ C」テープの製造を手がけていたAGFAのヴォルフェン工場が、ドイツ敗戦後にソ連に引き渡され東ドイツ領となったことで発足したブランドで、形としてはAGFAから枝分かれしたメーカー。このとき一部の技術者と作業員が西側に逃れ、1948年にレヴァークーゼンに新工場を建設して「AGFA」ブランドのテープを生産し始めている。
ORWOの意味は「オリジナル・ヴォルフェン(Original Wolfen)」で日本風に言うと元祖ヴォルフェン。
戦前のヴォルフェン工場は、1935年にKODAKが世界初の外式タイプのカラーリバーサルフィルム「コダクローム」を開発したのに続いて、翌1936年に発色剤を用いた内式タイプのカラーネガフィルムである「アグファカラー」を開発したことで知られる名工場。
製造期間:1944年〜1953年?〜1990年
製造工場:東ドイツ・ヴォルフェン
SVEMA
CBEMA
(スヴェマ・SVEMA

ソビエト連邦時代の1931年に映画用フィルムの製造工場として創業。
ドイツ敗戦後のヴォルフェン工場接収による技術導入で、1954年末からオープンリールテープの製造を開始。1/2、2インチ幅のテープも製造していた模様で、ラジオモスクワはじめ、ソ連や東欧諸国で広く使われていたテープ。
1991年のソ連崩壊後はウクライナの国有企業として活動するも、2000年には全製品の生産を停止し、2006年に工場は閉鎖された。
製造期間:1954年〜??
製造工場:ウクライナ・スームィ州・ショーストカ






過去に製造していたメーカー(アメリカのメーカー)

メーカー/ブランド

DATA

irish
(アイリッシュ)

「ORRadio Industries, Inc.」
アラバマ州オペライカの磁気テープ製造メーカー。戦後にドイツ のBASF工場を視察したことがきっかけで、3Mに次いで1950年から「irish」のブランドで、一般ユーザー向けのオープンリールテープを製造して いた。当初の商品名は「irish SOUND -PLATE」で、テープをコーティングした後の処理工程で「Ferro Sheen」という独自に開発したプロセスを施すことで一貫した性能を得ていた。
1957 年にAMPEXが25%の株式を取得して経営参加し、この翌年からテープ開発がAMPEXの管理下となる。1959年の末にAMPEXはORRadioの 買収を完了し、社名を「AMPEX MAGNETIC TAPE Company」に変更、AMPEXブランドで数々の名テープを生み出すことになる
製造期間:1950年〜1959年
製造工場:アラバマ州・オペライカ

Reeves Soundcraft
(リーブズ・サウンドクラフト)

「REEVES SOUNDCRAFT Corp.」
ニューヨークで録音スタジオを経営していたハザードEリーブズ 氏(Hazard E. Reeves 1906-1986)が1946年に創業したメーカー。リーブズ氏は、映画用フィルムにステレオ磁気録音を可能にする磁気ストライプの塗布技術を開発し、 1953年にアカデミー賞を受賞。またシネラマの7チャンネル・サウンドシステムを開発するなど、音響・エレクトロニクス分野の先駆者の一人。
1954年に3Mに続いてポリエステルフィルム(マイラー)を使った150番ロングプレイテープ『Plus 50』を発売。
製造期間:19??年〜198?年
製造工場







Copyright © 2015 sairyu-dou. All Rights Reserved.