HOME データシート
資料集
テープランク表
メーカー
規格表
テープ名鑑
年表
参考文献
Blog
商品の御案内

オープンリールテープ&デッキ資料集
Tape & Deck Document Collection



1970〜80年代の参考資料や書籍、オープンリールデッキの取扱説明書などから、デッキの使い方に役に立つ情報をまとめています(現在作成中です。情報を追加次第アップしていきます)

オープンリール用語集
Reel to Reel Glossary


メンテナンス関係
ヘッド・クリーニング
Head cleaning

オープンリールデッキを使う際に最も重要なメンテナンスの一つ。

ヘッ ドクリーニングはオープンデッキユーザーが当然行うべき作業で、特に録音する前には必ずヘッドをクリーニングするのが常識です。ヘッドが汚れていると高域 周波数のレベル低下や、音飛び、ヘッドの異常摩耗などの原因になります。クリーニングの正しい理解と実行無しに、デッキの最高性能が発揮されることは、ま ずありません。再生時には少なくとも8時間ごとに行うことが目安です。
ヘッドをクリーニングする際は綿棒やガーゼにクリーニング液をよく含ませて、ゴシゴシではなく“コシコシ”とこすります。ヘッド以外にもキャプスタンシャフト、テープガイドなど、テープが触れ る金属部分を、クリーニングしていきます。ピンチローラーはゴム製ですので、ヘッドのクリーニング液をそのまま使うとゴムを傷める場合がありますので、ラバー専用の洗クリーニング液を使用して下さい。(TEACのメンテナンステキストから要約・加筆)

何ヶ月もヘッドクリーニングせずにデッキを使っていると、剥がれたテープの磁性粉が粉落ちして徐々にヘッドにこびりつき、ひどい場合には再生も録音も出来 ない状態になります。特に保存状態の悪い古いテープを掛けた場合などは、一回でヘッドが真っ黒になってしまうことさえあります。

テープデッキ用のクリーニング液としては、audio-technicaの『AT6037 ヘッド&ピンチローラークリニカ』が販売されています。(2018年11月現在)
消磁
(しょうじ)
ヘッド・イレース
Demagnetization

オープンリールデッキで忘れてはならないメンテナンスの一つ。
次のTEACのメンテナンステキストに詳しい手順が記載されています

消磁は40〜50時間に一回以上は行いたい。また大切な録音前にもヘッドクリーニングと同時に行うことが良いでしょう。
手順は、デッキの電源がOFFになっていることを確認し、ヘッドイレーサーの電源を入れます。ジーという音と振動を感じたら作動している状態なのでゆっくりとヘッドに近づけます。イレーサーの先端をヘッドの表面に触 れるか触れないか程度に近づけ、ヘッドの中心線に沿って、ヘッドの上下のコア(実際に録音信号がトラックに流れる部分)の間を軽くなでるように4〜5回上下させます。このとき特に “ヘッドのコアの部分を消磁しているのだ”という認識が必要です。その後イレーサーの動きを静かに止め、ゆっくりと“もちを引き伸ばすような気持ちで”イ レーサーをヘッドから離し、30cm以上離れたところで電源を切ります。イレーサーをヘッドに付けたまま、あるいは30cm話さないうちに切ってはいけません。同じ要領で各ヘッドを消磁します。
イレーサーは『毒で毒を制する』かのように、自ら交流の磁力線をまき散らしながら相手の帯磁を取り去っていくものなので、すべてを“ゆっくり静かに”やら ないと逆に帯磁を強めることになりかねません。他の金属部分(キャプスタンシャフトやテンションアーム)はあまり神経質になる必要はありません。 (TEACのメンテナンステキストから要約・加筆)

テー プデッキの磁気ヘッドは、録音アンプの電気的な事故、機械の誤操作、磁気ヘッドに帯磁した物が振れたとき、長期間の使用などで磁化されることがあります(帯磁たいじ)。 その結果周波数特性の劣化、ノイズ・レベルの増加などを起こし、大切な録音済みテープにノイズが録音されえてしまうこともあります。
ヘッドが帯磁した場合は、ヘッドイレーサーで消磁します。さらにテープ走行系の金属部分(キャプスタンシャフト、テンションアーム、左右のガイドローラー、ヘッドハウジング内のテープガイド、テープリフ ター、)も同様に消磁して下さい。帯磁はヘッドの汚れなどと違って目に見えないため、出来るだけ定期的に消磁することが必要です。ヘッドの清掃と同時に行 うようにすると良いでしょう。(TEACの取説から要約)

デッキを使っているうちにヘッドが磁化され、ザーという雑音が増えたり、ひどい場合には高音が消されたりします。ヘッドと、テープが当たる金属部分は、ヘッドイレーサーで定期的(20〜30時間ごと)に消磁して下さい。(SONYの取説から)

長期間にわたってテープデッキを使用しているときは、月に一度はヘッドイレーサーで消磁をして下さい。消磁する個所は、再生ヘッド、録音ヘッド、消去ヘッ ドの各ヘッドと、テンションローラーなどのテープが接触する金属部分です。録音済みのテープは、ヘッドイレーサーから遠ざけておいて下さい。 (Technicsの取説から)
注油


テープ編集
Tape Edit

スプライシングテープは、磁気テープのベース側(ヘッドが接触しない側)に貼る。磁性層側に貼るとその部分だけ音が出ず、磁性層を剥がしてしまいテープを傷めてしまう。
マスター巻き
(ますたーまき)

化粧巻き
(けしょうまき)


テープを録音・再生した後、巻き戻さずにそのままテープエンドをリールの外周側にした状態でテープを保管する方法。
早 送り、巻き戻しでリールに巻き取られたテープは、わずかに段差のある「乱巻き」状態になりやすく、そのまま保管するとテープの片伸び(わかめ)などの変形 が起きてしまうことから、主にそれを防ぐために行われる。「化粧巻き」とも言い、放送局や録音スタジオで通常行われている。
ふたたび再生する際は、まずテープを右のリールテーブルに装着し、左の空リールに一度巻き戻してから頭出しをして再生する。(TEACの取説から要約・加筆)

録音済みのテープは録音・再生後に巻き戻さずにそのまま保管し、再生時にまず巻き戻してから再生する。(SONYの取説から)

録音・再生が終わってもテープがすべて巻き取られるまで再生スピードを保たなければならず、再生の前に巻き戻す必要があるなど手間も時間もかかるが、大切な録音テープを良好に保つためにはとても重要な作業。
テークアップ・リール
  Take-up Reel


テープを巻き取る側のリール
サプライ・リール
  Supply Reel


テープを供給する側のリール




アクセサリー関係

スプライシングテープ
Splicing Tape

テープの編集や、テープが切れた際に接合に使う専用の接着テープ。
スプライシングテープは工業用にも様々な種類があるが、オーディオテープ用のスプライシングテープに求められている条件は、接着力が強く、帯電防止処理が施 されていること、時間が経過してもテープとヘッドの密着性を妨げるような硬化がなく、粘着剤がはみ出さないこと、温度・湿度の影響が少ないこと。
万が一接着剤がはみ出すと、テープ同士やリールとくっつきテープを傷めたり、テープ走行系のガイド、磁気ヘッド、キャプスタンなどに付着して走行が不安定 になり、最悪の場合にはピンチローラーやキャプスタンにテープが巻き込んでしまい故障の原因となる。上記のような理由から文房具などで売られている市販の 接着テープは不適当。
スプライシングテープの粘着力の寿命は約30年ほどとみられ、1970〜80年代に編集された多くのテープは、接合部分が外れてしまう状態となっている。
リーダーテープ
Leader Tape

リー ルに巻かれたテープの巻始め、巻き終わりに使用する磁性材料の塗布されていないテープ。色でスタート側や終わり側を区別したり、編集の際に途中に無音部分 を入れるために必要な長さだけ接続して使用する。また、リールの掛け替えを繰り返すため傷みやすいテープの両端に接続してテープ端の保護ともなる。
オープンリールテープの場合は、白は汎用、終わり側に赤、スタート側に青が使われるのが一般的とされたが、青は現在入手が困難なため緑が用意されている。
センシングテープ
Sensing Tape

テープの終わり部分や、反転部分に貼り付け、デッキを停止させたり、リバースや区間リピートさせるための薄い金属箔テープで、アルミ箔が多く用いられる。
アルミ箔を貼り付けた部分がコンタクト・ポールを通る際にONさせ、電気的にメカニズムを自動切り替えする方法は最も簡単確実で、録音時にも再生時にも使用できる。
デッキによってテープのベース側(ヘッドが接触しない側)に貼るタイプと、磁性材面に貼るタイプがあるが、ヘッドの損傷を防ぐためには当然前者が良く、TEACのX-10Rなどは外側に○センチの長さで貼り付けて使用する。







数値特性など

S/N比
(えすえぬひ)

オーディオ機器などの出力における信号レベル(S)と、雑音のレベル(N)の比をdB(デシベル)であらわしたもので、その機器の雑音の少なさをあらわす値。
テープレコーダーのS/N比は、1kHzの信号を録音・再生したときに、その出力の歪みが3%となる出力レベルと、無信号でバイアスだけを供給して録音し、それを再生したときの出力レベルを測定し、それぞれの比を求めてdBで表記する。
録音・再生での出力の歪みが3%となるレベルがは、オープンデッキではレベルメーターの指示で+6〜+9dB程度、カセットデッキの場合は+4dB程度となっている。
ダイナミックレンジ
Dinamic rang


転写
(てんしゃ)
Print through
Magnetic re-print


ワウ・フラッター
ワウフラ
Wow & Flutter


テープ・レコーダーのメカニズムの性能をあらわす数値として、最もよく使われるもので、録音・再生中にテープの速さの変動に起因して生じる再生信号周波数の動揺。(JIS)
テープ・スピードが短周期で不安定に変動する場合、その変動の周波数が0.5〜250Hzほどのものをワウ、それ以上の周波数のものをフラッターを呼んで 区別していて、聴感上、ワウは音のふらつきとして、数Hz〜20Hz近辺のものは音の震えとして、それ以上の周波数のものは音の濁りとなって現れる。
ワウ・フラッターの量は%で示され、その定義は再生周波数の再生平均周波数からの偏差を%で表したもの。(計算式:再生周波数÷再生平均周波数×100)
チャンネル・セパレーション
Channnel Separation


MOL
Maximan Output Level










このページを作成するために使用した書籍や資料

タイトル

テープ・レコーダーとその活きた使い方
1978年(新装版) 誠文堂新光社 森本敏夫著
最新オーディオ事典
1979年8版 ラジオ技術社 
レコーディング技術
1987年5版 専門教育出版 福里和男著
写真で見る3モーターテープデッキ 1次メンテナンスの実際
メンテナンステキスト No.1
TEAC 技術情報室
SONY TC-R7-2 取扱説明書

TEAC X-10R  取扱説明書

Technics RS-1500U 取扱説明書



Copyright © 2015 sairyu-dou. All Rights Reserved.