*

レコーディング・ザ・マスターズが本格始動 その2

公開日: : 最終更新日:2018/11/04 オープンリールテープ, 情報 ,

今月初め、HPで製品カタログやデータシートをアップし、本格的に製品展開を始めたレコーディング・ザ・マスターズ。リニューアルされたサイト内をもう少しだけ探っていきます

レコーディング・ザ・マスターズのHP

商品カタログでは注目の新製品『LPR90』には7号リールの設定があります。5号リールの設定はないので7号リールならではの用途があるはずだといろいろ考えてみましたが、7号の150番テープだと19cm/sで片面45分という点から2チャンネル19cm/sのミュージックテープ再発売に向けて、しかも高音質版かなどと勝手に妄想してみました!

細かいところでは、RMG時代から1/4インチ幅PancakeテープにあったAEGハブ仕様が正式に無くなり、NUB-HUBだけになりました。やはりもう使う人はいないということでしょうか

レコーディング・ザ・マスターズの商品カタログ

最新ニュースのページでは、6月4日~7日にパリで開催されたAES(The Audio Engineering Society)のコンベンション会場の写真がアップされています。こちらで全世界に向けて公式に新ブランドを発表と相成ったわけですが、ボードには上から14号、12.5号、10号のアルミリールが並べられなかなか壮観であります

最新ニュースのページ

ちなみに、カタログ以外にもいろいろと資料がUPされていて、THE FACTORYのページには「アナログオーディオテープってどうやって作られてるの?」というような製品のできるまで的なパンフレットもできています

HOW WE MAKE MAGNETIC TAPES?

前にも書きましたが、MULLANグループになってからのこれまでとは比較にならないWeb上での情報の充実ぶり、今後もこの調子で進めていただくことを期待します

 

関連記事

商品価格改定のお知らせ

いつも彩竜堂をご利用いただき誠にありがとうございます この度、RECORDING THE MA

記事を読む

オープンリールテープの保管法

オープンリールデッキユーザーの悩みの種の一つがテープの保管ではないでしょうか? 大切なテープを、少し

記事を読む

新たなオープンリールデッキの開発計画が登場

新年早々うれしいニュースが入ってきました。オーストリアの音楽関連メーカー・ホルヒハウス社(HORCH

記事を読む

ミュンヘンハイエンド2019情報

今年も5月9日~12日まで開催される世界最大級のハイエンドオーディオの展示会『ミュンヘン・ハイエンド

記事を読む

米国の販売会社が独自ブランドのオープンリールテープを発表

仏・Recording The Masters(旧PYRAL)と米・ATRから相次いでオープンリール

記事を読む

オープンリールテープ価格改定のご案内

いつも彩竜堂をご利用いただきありがとうございます。この度、オープンリールテープの新ブランド『RECO

記事を読む

RECORDING THE MASTERS のSM911、LPR35メタルリール入荷しました

新ブランドになった RECORDING THE MASTERS の『SM911』『LPR35』の10

記事を読む

ホルヒハウス社の新開発オープンリールデッキ

1月にご紹介させていただいた、ホルヒハウス社(HORCH HOUSE Gmbh)の新たなオープンリー

記事を読む

2インチ幅テープの取り扱いを始めました

スタジオレコーディングテープSM900の2インチ幅テープの取り扱いを始めました。当店ではこれまで1/

記事を読む

PYRALオープンリールテープの現状と今後 2015

現在も貴重なオープンリールテープを製造し続けてくれているPYRAL。 フランスの小さな会社なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


商品価格改定のお知らせ

いつも彩竜堂をご利用いただき誠にありがとうございます この度、R

ミュージックテープの販売を開始しました

先月お伝えした2トラ38ミュージックテープ『IMPRESSION 1』

新録音の2トラ38ミュージックテープ発売

今年1月、新録音の2トラ38のミュージックテープが発売になりました。製

フランスから新型オープンリールデッキの発表

フランスのAnalog Audio Design 社が新開発のオープン

no image
アナログ・レコードに強力な援護発言!?

最近ウクライナ問題で名前を良く耳にする、アメリカ・民主党のジョー・バイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑