*

レコーディング・ザ・マスターズが本格始動 その1

公開日: : 最終更新日:2016/06/18 オープンリールテープ, 情報

PYRAL改め、RECORDING THE MASTERS(レコーディング・ザ・マスターズ)となり心機一転オープンリールテープ製造販売を手がけるフランスのMULLAN。そのHPが今月初めリニューアルされ、カタログやスペックシートがアップされました

レコーディング・ザ・マスターズのHP

これまでのブルーを基調にしたイメージカラーから一転、すこし落ち着いたオレンジをメインに、使用しているロゴもなんとなくフランス風の感じに変わっていますが、その製品カタログの商品ラインナップからは、いろいろ興味深いことが読み取れます

レコーディング・ザ・マスターズの新商品カタログ

まずSM900、SM911、SM468の1/4インチから2インチまでのテープ幅設定はこれまで通りですが、5号、7号、10号につづいて全く新しいリールサイズが設定されています。それはSM900と911の上から8列目、1/2インチ幅テープの『12.5インチリール』です

通常最も多く使われるリールは10号リールなのですが、2インチ幅テープにだけは以前から14号リールが設定されていました。38cm/sで片道約1時間、76cm/sで30分の連続録音時間を得られる14号リールの存続は分かるのですが、なぜに今回その中間の12.5インチリール新設なのか?

38cm/sで片道連続45分録音となれば、LPレコードの両面録音時間と同じ時間。深読みしすぎかもしれませんが、この点にレコーディング・ザ・マスターズが目指す今後の展開が秘められているような気がします

そして、SM468は上から6列目、1/4インチテープで3280ftとなっている設定がありますが、リールサイズは10.5インチとなっています。10号リールは2500ftしか巻けないのでここはリールサイズが誤植で、正しくは12.5インチなのではないかと思います。なぜSM468だけ1/2ではなく1/4インチなのか・・・よく分かりません

SM468は最近あまり積極的な展開をしていませんでしたのでディスコンかなと思っていたのですが、SM900、SM911とならぶ三本柱といえるような形でフルラインナップ展開しています。SM468はアーカイバル仕様のレコーディングテープで転写特性に優れているので、長期保存用テープとされています。そのテープでこれだけの商品ラインナップを設定しているということは、今後もアナログレコーディングによる保存用途に多くの需要があるということなのでしょうか

・・・(ここから追加)さらにいろいろとHP内を見てみると、上の項目に該当する情報がありました。新製品紹介のところには「SM900とSM911にレコードのマスタリング用として12.5インチリールを用意した」とのこと。でもSM468については記載が無いということは誤植ではなく10.5インチなのか、いずれにせよ製品を早く見てみたいものです

MIX MASTERをアナウンスする新製品紹介ページ

気がついたことをざっと書きましたが、続きはその2で

 

 

関連記事

新製品 LPR90メタルリール入荷しました

新ブランドになったレコーディング・ザ・マスターズの新製品『LPR90』の10号メタルリールが入荷しま

記事を読む

Stereo誌のオープンリールデッキ特集

すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、今月発売のStereo誌(音楽之友社)では、「

記事を読む

米国の販売会社が独自ブランドのオープンリールテープを発表

仏・Recording The Masters(旧PYRAL)と米・ATRから相次いでオープンリール

記事を読む

米ATRも新オープンリールテープを発売!

先日、RECORDING  THE MASTERS の新テープ『LPR90』の発表があったことをお伝

記事を読む

新たなオープンリールデッキの開発計画が登場

新年早々うれしいニュースが入ってきました。オーストリアの音楽関連メーカー・ホルヒハウス社(HORCH

記事を読む

no image

オープンリールテープ入荷のお知らせ

いつも彩竜堂をご利用頂きありがとうございます 在庫が不足気味だったオープンリールテープ類が入荷

記事を読む

RTMがHPで新パッケージをチラ見せ

RECORDING THE MASTERS がHPで『近日公開』と銘打って新デザインのパッケージを予

記事を読む

新型オープンリールデッキのニュース

年明けからなにかと忙しい日々が続いていたので、あまりニュースをチェックしていなかったのですが、大変な

記事を読む

ホルヒハウス社の新開発オープンリールデッキ

1月にご紹介させていただいた、ホルヒハウス社(HORCH HOUSE Gmbh)の新たなオープンリー

記事を読む

PYRALオープンリールテープの現状と今後 2015

現在も貴重なオープンリールテープを製造し続けてくれているPYRAL。 フランスの小さな会社なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


彩竜堂本店開店しました

このたび、当彩竜堂のネットショップ『彩竜堂本店』を開店いたしました。小

2インチ幅テープの取り扱いを始めました

スタジオレコーディングテープSM900の2インチ幅テープの取り扱いを始

BALLFINGERが世界最大のオーディオショーに出品を予告

新型オープンリールデッキの開発を発表しているドイツのBALLFINGE

no image
オープンリールテープの輸入元がHPを開設しました

当店もお取引きさせていただいているレコーディング・ザ・マスターズのオー

no image
オープンリールデッキ開発計画のその後

去年から今年にかけて、当ブログで何回かお伝えしてきた新型オープンリール

→もっと見る

PAGE TOP ↑