*

新たなオープンリールデッキの開発計画が登場

公開日: : 最終更新日:2016/06/15 オープンリールデッキ, 情報

新年早々うれしいニュースが入ってきました。オーストリアの音楽関連メーカー・ホルヒハウス社(HORCH HOUSE Gmbh)が、新しいオープンリールデッキの開発計画を立ち上げたと、ホームページ上で発表しています。

ホルヒハウス社のHP

「Project R2R」と名付けられたこの計画では、ホルヒハウス・ブランドの新型オープンリールデッキ開発を目指すとのことで、今後数か月にわたってこのページで情報をアップデートするのでBookmarkするよう呼びかけています。文中の「真の“オーディオ”の高みにあるのはオープンリールデッキです」との言葉が何とも頼もしいです。

Project R2Rのページ

ホルヒハウス社は日本ではなじみがありませんし、当方も詳しいことは知りませんでしたが、HPによると2012年にプロジェクトリーダーのフォルカー・ランゲ氏(Volker Lange)らが創業した、アナログマスターテープの高音質デジタル化を手がけるエンジニア集団の様です。

プロジェクトリーダーのフォルカー・ランゲ氏ほか

1月13日の発表直後から各ニュースサイトや音楽ファンのブログなどでも多く取り上げられていて、(一部の音楽マニアに!)期待をもって受け止められていることがうかがえます。

FACTmag.com

audiofi.net

stereo.ru

上の2番目にあるaudiofi.netの記事によると、プロジェクトチームは今年のミュンヘン・ハイエンドショー(2016年5月5日~8日)でプロトタイプを発表したいと考えているが、かなりのハードワークになる…みたいなことも書いてあります。たしかにプロジェクトのページにはまだ部品らしき写真が出ているだけです。

ミュンヘン・ハイエンドショーのHP

オープンリールデッキの製造メーカーは現在世界には存在しませんが、ふたたびあの雄姿を音楽ファンの前に見せることになるのでしょうか?

関連記事

Amazonにも出品しました

※彩竜堂ではAmazonでの販売を2018年7月をもちまして終了いたしました、ご利用頂いていた皆様に

記事を読む

RTMがHPで新パッケージをチラ見せ

RECORDING THE MASTERS がHPで『近日公開』と銘打って新デザインのパッケージを予

記事を読む

東京インターナショナルオーディオショウに行ってきました

東京国際フォーラムで開催されていた『2015東京インターナショナルオーディオショウ』に行ってきました

記事を読む

Stereo誌のオープンリールデッキ特集

すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、今月発売のStereo誌(音楽之友社)では、「

記事を読む

新ブランドを積極展開するMULANN、そしてまさかの新製品も!

4月4日に、オープンリールテープの新ブランド立ち上げを公式にリリースしたMULANN。テープの製造は

記事を読む

オープンリールテープの保管法

オープンリールデッキユーザーの悩みの種の一つがテープの保管ではないでしょうか? 大切なテープを、少し

記事を読む

no image

オープンリールデッキ開発計画のその後

去年から今年にかけて、当ブログで何回かお伝えしてきた新型オープンリールデッキの開発計画。時々チェック

記事を読む

新型オープンリールデッキのニュース

年明けからなにかと忙しい日々が続いていたので、あまりニュースをチェックしていなかったのですが、大変な

記事を読む

レコーディング・ザ・マスターズが本格始動 その1

PYRAL改め、RECORDING THE MASTERS(レコーディング・ザ・マスターズ)となり心

記事を読む

米国の販売会社が独自ブランドのオープンリールテープを発表

仏・Recording The Masters(旧PYRAL)と米・ATRから相次いでオープンリール

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


商品価格改定のお知らせ

いつも彩竜堂をご利用いただき誠にありがとうございます この度、R

ミュージックテープの販売を開始しました

先月お伝えした2トラ38ミュージックテープ『IMPRESSION 1』

新録音の2トラ38ミュージックテープ発売

今年1月、新録音の2トラ38のミュージックテープが発売になりました。製

フランスから新型オープンリールデッキの発表

フランスのAnalog Audio Design 社が新開発のオープン

no image
アナログ・レコードに強力な援護発言!?

最近ウクライナ問題で名前を良く耳にする、アメリカ・民主党のジョー・バイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑